ミドリムシ 飲むタイミングはいつ?

ミドリムシの飲むタイミングは?

様々な効果があると言われているミドリムシ。
そんなミドリムシをどうせ飲むなら効果的に飲みたいですよね♪

 

ここでは、管理人のミドリムシを試した偏見と独断で、効果的なタイミングをご紹介します。

 

 

消化されやすいときを選びましょう

 

 

 

基本的にお薬やサプリメントは、胃が活性化して消化吸収されやすいときに飲むのが効果的と言われています。

 

となると、一日のうちでもっとも身体が吸収するものを欲しがっているのは、朝起きたときです。
次いで食前のお腹が空いているときとなります。

 

お腹が空いてグゥーッと鳴ったときに、いちばん最初に口に入ったものは、かなりの確率で消化吸収されます。お風呂上りの一杯が最高だと言って、のどの渇きをうるおすために飲むビールは、そのまま吸収されて酔いやすい状況を作ってしまうことと同じです。

 

 

人それぞれに体質や、変えられない生活習慣があります。
低血圧の方などは、朝目覚めてからすぐに活動できませんし、朝食を摂らない方も少なくありません。

 

ミドリムシの飲み方は製品によって違いますが、一日3~6粒を3回に分けて飲むように記されているものが多数を占めます。

 

 

食前よりは食後?

 

 

食前の消化吸収が良いからといって食前に食べると、せっかくの美味しい料理が、最初に口に入れたミドリムシの味が口いっぱいに広がってしまうこともありえます。

 

この場合、健康優先か、味覚の嗜好を優先させるか迷うところでもあります。

 

なので、効果をしっかり感じたい場合は食前。
効果よりも食事を楽しみたい方は食後と分けてもいいかもしれません。

 

気にならない方は、食前に飲むことを個人的にはおすすめします。

 

就寝前もおすすめ

 

 

個人差はありますが、人間の身体は朝の目覚めが活動準備であることと同様、就寝前というのは、一日のうちでもっともリラックスした状態にあります。

 

このリラックス状態というのもまた消化吸収に優れた状態です。

 

ミドリムシには、自律神経を安定させ、睡眠の質を高める効果があります。
寝入りばなに飲むと、より快適な睡眠へと誘われます。

 

ぐっすりと眠っている間に、ミドリムシの栄養素は、ゆっくりと身体の隅々にまで行き渡ります。
つまり十分な休養と、栄養補給が同時に行われることになります。

 

口コミでも「翌朝スッキリ起きられる」などの評価が多いのはそう作用が働いているのかもしれませんね♪