ミドリムシ 子供 

ミドリムシは子供に与えても大丈夫?

多くの効果・効能があると言われているミドリムシ。
そんなミドリムシを偏食気味のお子さんにあげたいお母さんも多いようです。

 

ミドリムシは食品なのでお子さんでもご年配の方でもどなたでも飲んで大丈夫です。

 

ただ、どんな食品でもアレルギーを持ってる子はいますので、心配がある場合医師に相談してみてもいいでしょう。

 

ここでは、偏食気味のお子さんにミドリムシがおすすめなワケについてみていきましょう。

 

 

子供がなぜ偏食になったか?

 

 

どんなことにも理由があります。もちろん子供が偏食であることにも。

 

子供の好き嫌いの理由のひとつに、その食べ物に対する第一印象があります。幼少の頃の不快な経験というものは、大人になってからでもなかなかぬぐい去れないものです。

 

それが食べ物との出逢いであったら、偏食というかたちで残っていくのです。

 

初めて食べたときに、たまたまその食材が旬でなく、美味しくないと感じてしまったら、以後、その食べ物のことを嫌いになってしまいます。

 

 

子供の多くは、苦いもの、青臭いもの、食べにくいものなどを苦手とします。
苦手=嫌いになっていく子供も少なくありません。

 

このような原因の偏食に対しては、見た目を変えたり、良い匂いの食べ物と混ぜたり、食感を変えて食べさせるなどの工夫によって、改善されることもあります。

 

体質による偏食

 

子供の偏食の重大な原因として、体質があげられます。
食品アレルギーや味覚過敏など、本人の意志とは関係なく、身体が過剰に反応してしまう子供も少なくありません。

 

これらの症状を未然に防ぐために、血液検査によりアレルギー対称食品をあげて、それらを避けて生活する方法もあります。

 

しかしながら、検査結果の通りにアレルギー症状が出るわけではありません。
アレルギー症状のまったく出ない子供もいます。大切なのは、過剰に反応しないような身体づくりです。

 

ミドリムシのアレルギー効果

 

 

 

 

アレルギー反応というのは、身体の正常な反応です。
身体に摂り込まれようとする毒素を阻止、または排出しようとする免疫システムのはたらきです。
鼻水や涙、嘔吐、下痢といった行為によって排出しようとします。

 

ただし、それが過剰になって日常に支障をきたしてしまう場合、あるいは似た条件に対して誤作動してしまう場合には、対策を講じなければなりません。

 

アトピー性皮膚炎や花粉症、食品アレルギーを原因とする子供の偏食などがそれにあたります。

 

 

ミドリムシには、自律神経に働きかけて免疫機能を調整する効果があります。
過剰なアレルギー反応を引き起こす体質の人は、IgE抗体というたんぱく質の一種を多く持っています。

 

ミドリムシに含まれるパラミロンという成分には、このIgE抗体を減らすはたらきがあります。
そして免疫システムを整えて、正常な反応を取り戻してくれます。

 

 

なおかつミドリムシを摂取することによって、59種類ものバランス良くあらゆる栄養素を摂り込むことができます。

 

子供が本当は食べたかったのに、アレルギーによって摂ることが出来なかった栄養素も摂ることが出来るというのは嬉しいですね♪