ミドリムシ 育毛 効果

ミドリムシがで毛が生えるってホント?

健康効果や美容効果があると話題のミドリムシですが、なんと育毛効果まで期待されているのです。
ここではミドリムシと育毛効果の関係性について見ていきましょう。

 

 

まず髪の毛は何で出来ているか?

 

 

ミドリムシの育毛効果にいくまえに、まずは基本概念として髪の毛はどんな栄養素で作られているのかを見ていきましょう。

 

髪の毛の成分は肌の成分とほぼ同じで、ケラチンというタンパク質によって生成されています。
ケラチンとは、タンパク質の一種で18種類のアミノ酸から合成されています。

 

肉・魚・野菜に含まれるタンパク質は体内に摂り込まれてから、アミノ酸に分解され、その後ケラチンへと再合成されます。このうちの軟らかいケラチンが肌となり、硬いケラチンが髪の毛になります。

 

ケラチンを合成する18種類のアミノ酸について列記しておきます。
シスチン・グルタミン酸・メチオニン・ロイシン・アルギニン・セリン・スレオニン・アルパラギン酸・グリシン・バリン・アラニン・フェニルアラニン・イソロイシン・チロシン・リジン・ヒスチジン・トリプトファン・ヒドロキシプリン。

 

このうち良く名前を聞くのがグルタミン酸・アルギニンといったアミノ酸です。

 

このうち最も重要とされているのがシスチンです。シスチンは、同じアミノ酸のメチオニンからも合成されます。メチオニンは体内合成出来ないので、食事やサプリメントから摂取しなければなりません。

 

 

育毛に必要な栄養素って?

 

 

育毛について詳しく解説するとそれだけで長くなってしまうので、ここでは特に重要なポイントを押さえていきましょう。

 

18種類のアミノ酸は、それだけでは髪の毛を構成するケラチンに合成されることはありません。
ケラチン合成のために最も必要なのが、亜鉛です。亜鉛には、ケラチン合成の他に抜け毛予防の効果もあります。

 

また、ビタミンB群は細胞生成を促したり、亜鉛の働きをサポートします。

 

葉緑体の一種であるクロロフィルは、血液をさらさらにして循環機能を促進します。したがって頭皮の血行がよくなり、毛根まで栄養が行きわたりやすくなります。

 

ロイシンは、必須アミノ酸のうちのひとつで、タンパク質の合成に著しい効果を発揮し、また分解を抑える働きがあり髪の毛の生成に補助的な役割があります。

 

 

ミドリムシが育毛に効く理由

 

 

 

59種類の栄養素を持ち、細胞壁がないため96%も消化吸収してくれるミドリムシ。

 

ミドリムシ100g中に含まれる亜鉛は75mg、もちろんクロロフィルも含有されています。ビタミンB群にいたっては、30mgも含まれています。そして驚くべきことに、髪の生成に必要な18種類のアミノ酸すべてが、ミドリムシに含まれているのです。

 

栄養素というのは、それだけを摂取していても大きな効果は得られません。
ミドリムシには育毛効果の他にも、さまざまな栄養素があります。しかも消化吸収に優れています。

 

以上のことからミドリムシには育毛効果が期待できると注目を浴びているのです。