ミドリムシ 更年期障害 効果

ミドリムシがイライラなどの更年期障害に効果があるってホント?

 

40代を迎えて、何だかイライラしたりやる気がなくなったりと精神的に不安定になる「更年期」
多くの方がそんな更年期をどうにか抑えたいと抵抗しています。

 

ですが、ホルモンバランスから来る精神的な問題は反発するのではなく、まずは受け入れることが大切と言われています。

 

受け入れた上で、補助として色々な施策を試していくことが更年期と上手く付き合っていく方法です。

 

ここでは、そんな「更年期の女性」にミドリムシが補助約として強い味方となってくれるそのワケについて見ていきましょう♪

 

まずは知っておこう!そもそも更年期障害って?

 

更年期障害とは、女性の方が一般的に閉経を迎えると言われている、

 

40代後半から50代にわたっての女性ホルモンの減少による、身体的・精神的に不安定な時期に起こるさまざまな障害のこと

 

を言います。

 

もちろん時期は前後しますし、症状の違い、軽重は人それぞれに違います。ちなみに男性にも更年期障害はあります。

 

女性ホルモンの代表格であるエストロゲンの分泌がおとろえると、自律神経がうまく働かなくなることもあります。不安定な自律神経は、まず心を不安定にします。

 

イライラしたり、うつになったり、パニック障害になる方もいらっしゃいます。

 

起伏の激しい精神状態から疲れやすくなり、肩こりや頭痛の発症、さらに不眠症と、悪循環におちいることもあります。

 

 

精神を安定させるために必要なこと

 

 

更年期障害をわかりやすく言うと、急激な女性ホルモンの減少による心身のギャップです。

 

ではギャップを埋めるためには、どうすれば良いのでしょう?

 

そのギャップを埋めるための方法は色々とありますが、手軽な対処法として選ばれているのはサプリメントの服用でしょう。

 

自然界の天然由来のもので、まさに自然に加齢を受け入れられて、なおかつささやかでもフレッシュな生命力を維持できるものがあれば、それに越したことはありませんよね。

 

ミドリムシにあるパラミロンという成分

撮影:青山学院大学 福岡伸一教授

 

そこで、当サイトがおすすめするミドリムシに含まれているパラミロンが力を発揮してくれます。

 

精神を安定させるためには、自律神経を整える必要があります。

 

β(ベータ)グルカンという多糖体が自律神経に働きかけ、ストレスホルモンを減らす作用があることがわかっています。このβグルカンで構成されたのがパラミロンという成分です。パラミロンはこの地球上で、ミドリムシでしか摂取することができない希少な栄養素なんです。

 

パラミロンのはたらき

 

パラミロンは、免疫力を向上させる天然成分です。

 

その構造は複雑で、表面に無数の穴を持ち、さまざまな物を吸収します。体内に摂り込むと、ストレスホルモンを減らす作用の他、生命活動に対して不要な物、余分なコレステロールや脂肪・老廃物・有害物質などを吸収して、排出する働きがあります。

 

ミドリムシが更年期障害に効く理由

 

 

したがってミドリムシを摂取するということは、パラミロンを体内に摂りいれるということで、βグルカンにより自律神経を整えるということになります。

 

ストレスホルモンが排出され、自律神経が整うことによって心も落ち着いてくることでしょう。なおかつ免疫力も上がりますので、フレッシュさも維持することが出来る優れものなんです。

 

上手く活用することによって、笑顔な毎日を送ることが出来るかもしれませんね。