ミドリムシ LDL コレステロール 下げる

ミドリムシでLDL(悪玉)コレステロールが下がるってホント!?

40代を過ぎたあたりから気になりだす、コレステロール値。
その中でもLDLコレステロールは健康的な毎日を送る為にも抑制していかなければなりません。

 

そんなLDLコレステロールにミドリムシが効果的ということですが、ここではそのワケについて見ていきましょう。

 

そもそもLDLコレステロールとは何?

 

 

俗にいう悪玉コレステロールです。
増えすぎて変性することによって、他の機能に影響を及ぼしてしまうことから悪玉などと不名誉なニックネームを付けられてしまったのです。

 

ただ、コレステロールとは脂質です。身体を構成するホルモンの原料となり、身体の機能を維持する大切な働きがあります。

 

コレステロールは血液中に存在し、リポたんぱくという物質によって全身に運ばれています。
ですからコレステロールは、人間の身体の生命活動のために、ある程度は必要なのです。

 

コレステロールを運ぶリポたんぱくのうちのひとつにLDL(低比重リポたんぱく)があります。
このLDLによって運ばれるコレステロールをLDLコレステロールと言います。
LDLコレステロールは、血液の流れにのって身体じゅうをめぐります。

 

悪玉と言われる理由

 

 

 

血液の中のLDLコレステロールが一定以上増えると、変性して血管の壁にくっついてしまうことがあります。

 

そうなると血管が狭くなり血液が流れにくくなります。
血液が流れにくくなるということは、血圧が上る、すなわち高血圧の状態を招きます。
さらにLDLコレステロールのくっ付いた血管壁は、硬くなりもろくなります。

 

この状態を動脈硬化と言います。

 

ここまででも、LDLコレステロールが悪玉と呼ばれる理由が充分お分かりいただけると思います。

 

さらにこの動脈硬化はあらゆる重大な病気を引き起こす直接的な原因となるのです。
大動脈瘤や心筋梗塞・狭心症あるいは脳梗塞などは動脈硬化から始まる病気です。

 

これらは日本人の死因の上位を占める病気であり、その引き金となるのがLDLコレステロールの可能性が高いのです。

 

LDLコレステロールを減らすために必要なこと

 

 

食生活の見直しは、もっとも大切なことです。
けれども誘惑に駆られたり、ストレス社会を乗り切るために、あるいは知らず知らずに高カロリーなものを摂取することも多いことでしょう。

 

血液中のコレステロール値については、食生活の改善が最も大事ですが、その補助役としてミドリムシが強い味方となってくれるかもしれません。

 

ミドリムシのパラミロンによる効果

 

 

 

ミドリムシには、パラミロンという不溶性の食物繊維に似た成分が含まれています。
このパラミロンは、人間の身体に摂り込まれても消化されずに、そのまま排出されます。

 

ただ通過するだけなのですが、その過程において、体内にあるあらゆる不要物・老廃物・毒素を吸着してくれるのです。

 

吸着したものは、すべてパラミロンと一緒に排出されます。吸着するものの中には、コレステロールも含まれていると言われています。

 

健康的な毎日を送る為にもミドリムシがあなたの味方となってくれるかもしれませんね。