ミドリムシ 疲労 効果

毎日ダルイ・・ミドリムシがそんな疲労に効果的なワケって?

おおくの効果効能が注目されているミドリムシ。

 

ここでは、その疲労回復効果があるのか?という点について見ていきましょう。

 

その話し、ホント?

 

毎日の疲れの原因は?疲れるということについて

 

 

 

人間は生命活動を営んでいくうえで、肉体を使って生きています。
使い続けることによって身体の中に疲労が蓄積されていきます。

 

筋肉を使うことによって体内に蓄積される疲労物質を「乳酸」といいます。
肉体疲労とはこの乳酸が溜まった状態を言います。

 

疲れとは、このような肉体の疲労はもちろんのこと、物事に飽きたり、精神的なストレスを抱えていたり、眠気がおそってきた場合などに感じることもあります。

 

そんな精神的な疲れを感じる原因のひとつに、「活性酸素」が大きく関係していると言われています。

 

 

 

 

活性酸素とは?

活性酸素とは、酸素が少し変化したものです。普通の酸素より、ほんの少しバランスが悪くて強引なために、体内の細胞のさまざまな機能の働きを損ねてしまう酸素なのです。

 

いわゆる「酸化作用(=老化現象?)」とは、この活性酸素による細胞への影響のことを言います。

 

歳を重ねるごとにこの活性酸素の影響を受けやすくなり、何だかダルイ、何もしていないのに疲れたという気になるのです。

 

 

疲れにくい身体を作るために必要なこと

 

 

疲れにくい身体を作るということは、疲れが溜まらないようにすることです。

 

すなわち疲労物質である乳酸を溜めないようにすることと、活性酸素を取り除く(抗酸化)ということになります。そのために必要な栄養素をいくつかご紹介します。

 

 

ビタミンB1は筋肉や神経にエネルギーを供給するのに欠かせません。疲労回復にはもっとも重要なはたらきをします。

 

ビタミンCには抗酸化作用があります。
つまり活性酸素を除去するはたらきがあるということです。

 

ビタミンEは血流をうながし、血行を良くします。血行が良くなることによって、エネルギーの循環が良くなり疲れにくくなります。

 

グリシンはアミノ酸の一種で、快適な睡眠をうながす栄養素です。質の良い睡眠が疲れにくい身体をつくります。

 

これらの栄養素は、それぞれサプリメントが市販されています。また食事内容によって摂取することも可能です。

 

 

ただ、それぞれをサプリメントで補い、いつも全ての栄養素を充分に摂取するということは、なかなか大変なことでもあります。

 

 

ミドリムシが疲労に効果がある理由

 

 

ミドリムシには、ビタミンB1、ビタミンE、ビタミンC、グリシンといった疲労回復に必要な栄養素が、すべて含まれています。

 

また、ミドリムシにはパラミロンという成分が含まれています。

 

パラミロンには、生命活動にとって不要なもの、老廃物などを排出する働きがあります。したがって疲労物質である乳酸を洗い流し、身体の疲弊・老化をうながすという活性酸素も同様に洗い流してくれる期待が持てます。

 

疲れの残らない身体、疲れにくい身体を作るにはミドリムシを補助として摂取してもいいかもしれませんね。